FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

知らない単語を、知っている単語で説明する能力の向上

勉強のやり方ですが、まずは1日1語から気楽にスタートする
のが良いと思います。軽く練習するという気持で。

それから最初は名詞から始めるのが良いように思います。
少しは取り付き易いと思いますので。

ステップ1:
まず1語を適当に選びます。

新聞や雑誌の中から最初に目についてものとか、
あいうえお順に”あ”のつくものは・・・”足”などのように。

ステップ2:
そしてその単語を説明する練習をします。

足=foot (or leg)
What is "foot"?
What does "foot" mean?

と質問されたということにして、
それを自分で説明をするようにします。

「歩くときにつかうものです。」とか、
「人間が2本持っていて、犬は4本持っている。」とか、
「サッカーボールを蹴るためのものです。」など。

説明文は1文でスラッと説明できればベストですが、
初めはとにかく相手に伝えることを主眼にします。

「うまく言えません」と投げ出さない訓練とするためなので、
短文で2文、3文とつなげて説明しても良いと思います。

わかってもらえるまで説明を重ねる・・・
というスタンスで練習するのが良いと思います。

机に座ってじっくり最適の回答をするというのでなく、
実際の現場で会話の流れを切らないよう説明するようにします。

リズム良く短文を2-3回、わかってもらえるまで
繰り返して説明です。

いずれ繰り返しているうちに上達してきて、
わかり易いポイントで1文か2文で説明できるようになる
と思いますので。
(これは自分の期待です・・・)

ステップ3:
そしてその単語を英英辞書で引き、
辞書ではどういうふうに説明しているのかを
よく確認します。

ステップ4:
最後の仕上げは、その説明のための構文を数回紙に書いて、
頭の中へインプットしましょう。

ということで、やり方はすごく単純です。
やはり問題はどこまで続けられるかでしょうね!

わたしは”家で””机で”というと続かなくなるので、
いつもミニノートと小さなボールペンを持って歩き、
少しでも時間があるとそれを出して、やるようにしています。

そして家に帰ってから英英辞書で確認です。

ちょっとした隙間の時間を使い、頭の体操をするという感覚で、
やってみると少しは楽しいですよ!
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL