FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

Izenという講師でとてもフレンドリーな人

昨日はIzenという講師でとてもフレンドリーな人でした。
簡単な挨拶からスタートし、
いつもの通り簡単に自己紹介をしている途中から、
「英語を英語をどれくらい勉強しているのですか?」
とか、
「海外へは行ったことがありますか?」
との質問となり、
そこから急遽いろいろな会話に展開していきました。

自己紹介は「旅行が好きです。」と言ったところまでで、
まだ仕事のことや住んでいる場所などを話すところまで
はいっていなかったのですが・・・。

「カナダ、アメリカ、・・・、香港、中国、」
と話しているうちに、
「・・フィリピン、」
といったらすぐに
「フィリピンのどこへいったのですか?」
と、講師。
「マニラです。残念ながら仕事で行きました。」
「何日滞在したのですか?」
「たった2日間です。」
    ・
    ・
と、続いていきました。

こういう展開はいままで何度も繰り返してきていて、
25分間ノンストップで走りきる雰囲気になりそうです。

中国には3年半滞在していて、そこにはフィリピンの友人がいます。

それでその話をしたらまたいろいろと聞いてきて、
住んでいた寮の近くには大きな5つ星のホテルがあり、
彼らはそこのバーコーナーで歌手として働いていたこと。

とても歌が上手でダンスのリズムも良く、ともてフレンドリー
ですぐに良い友達となったこと。

週に2~3回は仕事のあとそこで一杯飲みながら、
話しをしたこと。

週末には一緒に食事をしたりなどしながら、
一緒に英会話の練習もしたことなど。

・・どんどん会話がつながっていきました。

そのようにして英語を勉強しながら中国語も勉強したことや、
好きな食べ物、飲み物などへと話しが展開し、
更に講師の方よりビールが好きなんだよね・・と出てからは
得意な分野だけに、またまた随分と会話が弾みました。

お互いの共通の話題があると話がどんどん弾むのはわかりますが、
やはりそういうところで盛り上がれる性格というか、
とてもオープンな性格がいいですね。

多くの日本人と話していることもあり、
またフレンドリーな性格なので初めからとても話し易く、
あっという間の25分でした。

やはり予想通りの25分でした。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL