FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

まずは結論を話す「主語+動詞+目的語」

英語は日本語と違ってまずはすぐに結論を話すべき・・という話はよく
聞くことと思います。

その中で一つ迷っていたことがあります。

その結論の部分はどこのあたりまでか・・と。
「主語」+「動詞」の部分で良いのかどうかということです。

いろいろとボキャブラリを増やしていく際に、実戦ですぐに使える形で
覚えるべきだと考えているため、「動詞」だけで覚えるのではなく、
「動詞」+「目的語」で覚えるべきだと思っています。

すると先ほどの結論の部分は、「主語」+「動詞」ではなく、「主語」
+「動詞」+「目的語」とすべきではないかと考えていました。


■一つの区切る例

それで、次のような文は、「主語」と「動詞」の間で分けるのが良いの
ではないかと考えていました。

・I would like to make a reservation.
 わたしは予約をしたいです。

この文での分ける位置は、
・I would like to / make a reservation.
 この位置が良いのではないかと。

I would like to   ⇒ 文型  (決まっている型)
make a reservation. ⇒ フレーズ(内容によって入れ換える部分)

ましてや、文の前に接続詞などがある場合、
Because I would like to」と言ってから、「make a reservation.
と話すのが良いのではないかと考えていました。

しかし「主語+動詞」というのも頭に残っており、
I would like to make
で区切るということも、頭の中に残っていました。


■落ち着いた結論は

なぜかはわかりませんが、いつもそのように悩みながら会話を続けてい
たら、自然にある一つの結論に落ち着いていきました。

・まずは相手が聞いて安心(納得)できる結論の部分までを話すべき
・分割すべきポイントはいつも同じところに決めつける必要は無い

でした。

つまり会話というのは相手とのコミュニケーションなのですから、相手
の立場で考えて判断すべきだと考え、この結論に落ち着いたのでした。

正しいかどうかわかりませんがそのように考えると、先ほどの文は、
「主語」+「動詞」だけではなく、「主語」+「動詞」+「目的語」
で話すべきだとなります。

簡単な文でいけば、「I make a reservation.」と、目的語まで一気に
話すべきと思います。

would like to」を使う文でも、基本は一気に
I would like to make a reservation.」まで言うのが良いと。

但し、「would like to」を使う場合は少し長くなるので、
I would like to」「make a reservation.」と、一瞬の間があっても
良いかと思います。

とにかく「make a reservation.」まで言い切れば、一つの結論までは
言い切ったことになり、相手もわかることになるので。

ちなみに、応用力のある学習の仕方としては、先に説明したように、
・自分の話したい構成 ⇒ 文型
・伝えたい内容     ⇒ フレーズ
と2つに分けて学習することで問題ないと考えました。

何かつまらないことで悩んでいたような気がしますが、いずれにしろ個
人的な考えなので、次回のオンライン英会話レッスンで確認してみたい
と思います。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL