FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

新しい講師Rikkuさんとのレッスンレポート

ここ最近いつものお気に入りの講師が休講中なので、久しぶりにピンチ
ヒッターの講師を探しました。

中国語が話せて中国文化に詳しいとプロフィールに書いてあったので、
久しぶりに中国のことを話題にして会話練習をしようと思い、予約をし
たのでした。

今まで2回レッスンをしましたが、1回目は自己紹介から続いてそのま
ま趣味などの話で最後までフリートーク。

2回目は、1回目が中国の歌と歌手の話の途中で終わったため、そこか
ら継続してのフリートークとなりました。


■今回の講師のプロフィール

Rikku.jpg

1)先生の名前:Rikku(リク)
2)簡単なプロフィール
 ①年齢:10代
 ②性別:女性
 ③専攻科目:特に記入無し
 ④講師歴:1年目
 ⑤英語経験:特に書かれていないけど、かなりのレベルです。
 ⑥趣味:新しい言語を学ぶこと、旅行、読書、カツ丼、寿司
 ⑦特技:中国語が話せる

3)受講内容
 ⑦テキスト/フリートーキング:今回はフリートーク
 ⑧テーマ/話題:趣味や日常のこと、中国の歌、歌手など
 ⑨学んだ単語や熟語、センテンス:特に無し
 ・タクシーについて
  フィリピンでは上流階級の人は、「taxi」を使わず「cab」を使うと
  のこと。

  自分の理解では、そのようなことではなく、単にイギリス英語では
  「cab」を使い、アメリカ英語では「taxi」を使うと思っていました。

  彼女曰く、それは正しいけどフィリピンでの使い分けは、階級レベ
  ルで使い分けられているとのこと。初耳でした!

  「elevator」と「lift」も同様とのこと。

  わたしは、日本では人が乗るのが「elevator」で、物を載せるのが
  「lift」だと思うと答えました。(あとで調べてみるつもりです)

4)授業のやり方/感想
   今回特に無し
 
5)先生に対する感想
   次に記入しています。


■レッスンにて

つい、中国語が話せる人と会話できることで、過去3年半中国に滞在し
ていたわたしとしては、とても懐かしく思えてそういう流れとなってし
まったのでした。

今回は、わたしの好きな中国の曲と歌手を紹介するところから始まり、
中国語と英語を交えたフリートークレッスンとなりました。

そのため授業のやり方などについては、まだ不明の状態で、その辺の
評価については次回に回すことにします。

次回は、side by side3を使ってテキストレッスンをすることにしてい
ますので、そのあとにレポートしたいと思います。

今までの会話をしてわかった部分で考えてみると、なかなか良い講師
だなと思っています。

・10代と若くてレッスンに熱心
・カメラを常時ONにして、ずっと正面で向き合って会話をする
・とてもフレンドリーで話していて楽しい
・英語は、本人が第一言語ですと言うだけあってかなり堪能なレベル
 である。

お父さんは自分で会社をやっていて、海外出張をよくするとのこと。
そのためか、家庭ではいつも英語をメインで話をしているとのことで
した。

ときどき怒って会話するときにだけ、タガログ語を使ったりしている
とのことでした。

なので、みんな英語が堪能とのこと。
そういう環境で育ったので、自分の第一言語は「英語」と言うように
なったのでした。

そうゆう環境なので、必然的に英語の発音も良くなったのではないか
と想像しています。

今までレッスンを受けた講師の方で英語レベルが高い人は、ほとんど
がコールセンターで働いた経験があり、アメリカやオーストラリアの
顧客へ英語で対応をして、英語レベルを高めていました。

ですが、今回の講師はそのようにしてレベルを高めたのではなくて、
家庭環境と独学でレベルアップさせたようで、異色の経験をしている
講師だなと思いました。

いずれにしろ、英語講師としての能力の部分は、次のお楽しみです!

関連記事

スポンサードリンク

[ 2014/07/02 20:56 ] レッスンレポート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL