FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

英語が上達する人に共通する点

あるところに「英語が上達する人に共通する点」として、10個の項目
が上げられていました。

それで自分はその中のどの項目に合致するのか、あるいは自分で欠けて
いる点はあるのかどうか、1問1問、自分のことを考えて、比較してみ
ました。

実はすごく共通点が多かったんです。(汗;)
みなさんはいかがでしょうか?


◆1:シンプル英語
 英語でコミュニケーションができる人は、できるだけシンプルで短い
 英文を使おうとしています。

 ⇒シンプル英語を心がけています。
  2つの意味を持つ文は、無理に一つの長い文にせずに、2つの短文
  で話すことが多いです。

  海外での経験より、長いまわりくどい表現よりもよほど通じるとい
  うことを知っています。


◆2:間違いを恐れない
 間違いを恐れずに、どんどん英語を使おうとする姿勢があります。

 ⇒まったくその通りです。かなり意識しています。
  勉強をやり始めた頃は、正しいと確信できる文にならないと話せま
  せんでした。  

  今は、文法的に自信なくてもまずは話してみて、相手の反応を見る
  ようにしています。ときには間違っていなかったかどうか、相手に
  英語で確認したりもします。


◆3:工夫する
 自分にあった学習の仕方を工夫して、学習が楽しく効率よく続けられ
 るよう、モチベーションを維持しています。

 自分の興味ある内容や学習したくなる方法、感情をうまくコントロー
 ルして、自分に合った覚えやすい学習のやり方を見つけ出しています。

 ⇒あらたまって勉強するばかりだと続かなくなるので、いろいろなと
  ころに散らばっている隙間時間をメインと捉え、最大限に活用して
  います。

  mp3プレーヤーやちょっとしたメモ帳、単語カードなどをうまく
  利用して、隙間時間を埋めています。


◆4:復習する
 前にやった内容も含めて学習して、理解するだけではなく自分で使え
 るようになるためのやり方をしています。1回の学習で覚えるよりも、
 何度も繰り返し見るようにすると、長期記憶として定着させることが
 できます。

 ⇒学習したことや、オンライン英会話のレッスンメモなど、しっかり
  紙のノートに書くようにしています。

  するといつでもパラパラと短時間でページをめくり、復習すること
  ができます。


◆5:継続する
 毎日たとえ5分でも英語に触れる時間を作り、覚えやすい工夫したや
 り方で学習を継続しています。

 ⇒13年間、ずっと継続しています。
  長期間止めたということはありません。学習時間が長くなったり短
  くなったりはしています。

  また、気が乗らないときは休んだりしますが、何日も続けて英語に
  触れないということはありませんでした。(生涯学習にしている)


◆6:よく聞く
 興味のあるトピックで英語を聞き、英語の音に慣れる習慣ができてい
 ます。何度も同じ英語を繰り返し聞いています。

 ⇒NHK英語ニュースを毎日聞いています。
  DVDで映画を見るときも、英文を意識して聞いています。
  (英語の音声/日本語字幕で見ています)


◆7:繰り返す
 使えるようになりたい英語例文をピックアップして、何度も繰り返し
 聞いて、口に出して練習をしています。

 ⇒例文をmp3プレーヤーに入れて、毎朝ウォーキングしながら聞い
  ています。30回ははるかに超えて繰り返し学習しています。

◆8:調べる
 分からない単語や表現はそのつど調べて語彙を増やしてます。

 ⇒その都度、英辞郎やロングマン英英辞典などを使って調べています。
  そして、知らない単語の場合は、ノートの片隅にメモしています。
  (すぐに復習できるよう)


◆9:リピーティングで発音練習
 お手本の英語のあとについて、自分で発音するリピート学習をしてい
 ます。

 ⇒ まさに音読パッケージを使いリピーティングをやっています。


◆10:目標を持っている
 自分でなにか目標をつくって、その目標達成にむけて学習しています。
 (上達速度が全然ちがいます)

 ⇒定期的に海外旅行へ行くようにしています。
  そこでは何度も英語でコミュニケーションする必要が出るので、
  気楽に話しかけられるよう、いろいろな人と英語で話すようにして
  います。(オンライン英会話レッスンで)

関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL