FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

1分間スピーチでフリートークをスムーズに

英会話をしているときに、頭の中で作文をしなくても口からスーっと文
やフレーズが出てくるようにするには、普段から何度も口に出す練習を
しておく必要があります。

オンラインレッスンのフリートークをスムーズに進めたい場合、自分の
ことや家族・友人のことなど、比較的身近な話題から1分間スピーチの
文としてまとめておき、よく練習しておくことが大事です。

いろいろな本を参考にして、自分の趣味や料理などの盛り上がる話題に
ついてまとめておくと、その作業をやっただけで以後の会話はかなりス
ムーズに話せるようになるものです。

わたしはそれをノートに書いておき、話題毎に見出しをつけて必要なと
きに開いて練習したり、レッスン前の準備練習で使ったりしています。

 
■1分間連続で話すこと

やってみたことがある人はわかると思いますが、1分間切れ目なしに連
続で話すことは、結構大変です。

話すためのネタや題材が決まっていない中で、考えをまとめながら話す
場合と、話したい内容がある程度決まっていて話す場合とでは、頭の中
の負荷率が大きく違います。

話す内容がある程度決まっていて話す場合は、少し余裕をもって会話す
ることができます。

本当に慣れてくると必要なくなりますが、最初の頃は先に話題の内容を
整理し準備しておくことが、落ち着いてレッスンできることにつながり
ます。

ということで、以下の例を参考にしていただき、いろいろとやってみて
スムーズな会話を目指していただいたらと思います。


■自己紹介の例

自分のことを英語で話すとして、通常はどれくらいのことを話している
でしょうか。

オンラインレッスン講師の方に簡単に自己紹介する場合は、
「名前」「仕事」「場所」「家族」「趣味」「興味」
くらいをキーワードとして、手際良く1分間くらいで説明できるように
しておきたいものです。

それでは、次のパターンを使って練習してみてください。

1.My name is ~(私の名前は~)
2.I work for ~(~社で働いています)
3.I live in ~(私は~に住んでいます)

4.I'm originaly from ○○.(わたしは○○出身です)
5.○○-prefecture is northern part of Japan.
6.It takes about one hour from Tokyo by airplane.
  東京から飛行機で約1時間です。

5.My family members are ~(わたしの家族構成は~)
6.I like ~        (わたしは~が好きです)
  I'm interested in ~  (わたしは~に興味があります)

7.I have been to ~ (わたしは~に行ったことがあります)
8.~ was the most interesting.(~が一番興味深かったですね)

これらのパターンを使って、できれば1分間くらいの内容にまとめ、そ
れをノートに書いてください。

そしてまずは時間をかけてゆっくり喋ってみましょう。

何回か練習したあとで、次は新しい講師にチャレンジ。
実践トライです!


◆1分間スピーチの例
 ⇒中高年からはじめる英会話スピーキングへの道
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL