FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

会話をスムーズにさせるためにやっていること

オンラインレッスンを始めた頃は、よくフリートーキングをしていて、
話題に詰まったりしたものでした。会話力がなくてというのではなくて、
すぐに話したい話題が思いつかないという状態です。

自己紹介や趣味の説明など、ある程度慣れている話題を話してしまった
ら、次の話しが続かなくなって一瞬間が空いて(何を話そう・・?)と
考えたり、
 「えーーー、えーーー!」
となってしまい、話が続かなくなってしまうんですね。

さすがに最近は、そういうシチュエーションはなくなりました。
何故かというと、あらかじめ次の3つの事をしておくようになったから
です。


■スムーズな会話のためにやった3つのこと

話題が途絶えたときでも、スムーズに別の話しができるように、あらか
じめ次の3つのことをやりました。

1)相手に応じた話したい話題や質問を準備しておく (5つの質問文)
2)一般的に喜ばれる・盛り上がる話題を用意しておく(5つの質問文)
3)常に自分として興味のある話題を用意しておく  (5つの質問文)

まず1)項は、
あらかじめ相手の講師の自己紹介欄を見ておき、話したい話題、質問
したいことなどを整理しておく。

相手が「映画鑑賞」が趣味だと書かれていたら、

・どんなジャンルの映画が好きですか?
・どこで映画を見るのですか?
・1月に何回くらい見に行きますか?
      ・
      ・
などの文になります。

2)項は、
一般的に喜ばれ盛り上がる話題を用意しておくことです。
わたしの場合、例えば「料理」や「海外旅行」の話題です。

・あなたは海外旅行に行ったことがありますか?
・もし初めて行くことができるとしたら、どこの国へ行きたいですか?
・その理由は何ですか?
      ・
      ・
などの文ですね。


そして、3)項については、
自分が興味を持っていて、是非相手の講師に質問してみたい・・という
熱意のある質問を用意しておくということです。

わたしの場合は、「英語の勉強方法」について相手の講師に尋ねること
が多いです。

・あなたは英語を何歳のときから始めたのですか?
・何歳のときに自分が一番成長したと感じましたか?
・あなたはどんな勉強のやり方をしたのですか?
      ・
      ・
などの文で。


以上のような、自分としても相手に聞いてみたい、あるいは一緒に話し
てみたいと感じるような話題を、まずは5文ずつ3ジャンル(計15の
質問文)のものを用意してみてはいかがでしょうか?

話題が途切れたとき、あらかじめ準備しておいたこれらの話題をサッと
話して、場の雰囲気をリードしていく・・ということが、スムーズな会
話をする上で、とても大切だと思っています。


わたしが話題を切り換えていくときのパターンとしては、

・一つ質問があります
・あることについて教えてください


という話し方から入って行く場合が多いです。

そのときの質問は、本当に自分が教えて欲しいと思うことである方が良
いでしょう。やはり会話のときの熱意が違いますので。。。

そのような本当に聞きたいということを、あらかじめ用意しておくのが
ベストだと思っています。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL