FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

1分間スピーチで自分のことを話す訓練

以前、オンライン英会話でもっとスムーズに自分のことが話せるように
なりたいと、1分間スピーチ(自分のことを1分間で説明する)に取り
組んだことがありました。

半年の間、あきらめずにやったおかげで、レッスン時にはずい分自分の
ことをスムーズに説明できるようになったと感じたものでした。

■取り組んだきっかけ
1分間スピーチの取り組みのきっかけは、当時書店に行ったときに偶然、
1分間英語で自分のことを話してみる」という本を見つけたからでした。

1 minute r2

その本を覗いてみると、いろいろな話題ごとに1分間で説明する例文が、
たくさん載っていました。それを見てふと感じたのです。

「基本文を一つずつ覚えていくのは効率が悪い」
「忘れやすい」
「使いたいときにサッと出てこない」

だから、

「1分間スピーチのように、話の流れの中で基本文や単語を覚えるべき」
「テーマごとに1分間で自分のことをまとめる」
「1分間のストーリィの中に、基本文や単語をちりばめれば良い」

「会話のときは覚えたことをそのまま話せば良い」
「流れで覚えるので、同じシーンになると思い出せ易い」
「余裕ができると、アドリブも効かせられるようになる」

と思ったのです。まさに目からウロコが落ちたような気持ちになったの
を覚えています。

■作ったテーマ
あまり自分に関係のない英文を覚えるくらいなら、自分のいろいろなこ
とを1分間の説明文にまとめて覚えておけば、いろいろな場面で役に立
つと思いました。

それでまずは1番身近な、オンラインレッスンでよく出てくる8つのテ
ーマについて作りました。

1)自己紹介
2)好きな食べ物
3)健康
4)嗜好品(コーヒー)
5)週末
6)パソコン
7)旅行
8)英語

1分間スピーチ「自分のことを話す」

どれも普段の会話ですぐに出て来そうな話題ばかりです。
これらについてすぐにサラッと述べることができるようになれば、きっ
とオンライン英会話もずい分スムーズに話せるだろうと。

■具体的なやり方は
それぞれを1枚の紙片に書き上げ、常にポケットの中に入れて持ち歩き
ました。そして細切れの時間があるとすぐにポケットから出して、何度
も何度も呟いて暗記していきました。

電車を待つとき、飛行機を待つとき、友人を待つとき、食堂やレストラ
ンで頼んだものが出てくるまで、あるいは公園でゆっくりしているとき
などなど。待っているような時間は全て利用しました。

一気に勉強して一気に覚えると短期記憶で、消えやすくなります。
わずかな時間を使って何度も何度も繰り返し繰り返し、長い期間をかけ
て覚えたものは長期記憶となり、消えにくくなります。

■効果
8テーマを完全に刷り込むのに約半年間かかりました。もうその話題の
話になると、スッと暗記した文章が出てくるようになりました。

自己紹介がとてもスムーズになり、ようやく効果を実感したのでした。
趣味や好きな食べ物、飲み物、健康のこと、旅行のことなどは、いつも
必ず話す話題であり、いつも盛り上がるテーマです。

それがすぐに口から出せるようになるということは、会話をする上でと
ても大きな効果となります。余裕をもって話しをすることができるよう
になりました。

その余裕により、相手の言っていることもよく聞き取れるようになった
と感じたものです。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
広告
ブログランキング
ランキングに参加してます。   どうぞよろしくお願いします!
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: