FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

Wendy先生に再チャレンジ

前回、レッスン開始して少しだけ挨拶と会話をしたら、回線が切断してしまい
レッスンを続けることができませんでした。

hanasoサポートに連絡して調べてもらったら、講師のコンピュータートラブル
とのことで、振替レッスンをいただきました。

前回、かなりしっかりした話し方をしていて、その話し方は人に教えることに
慣れているような話し方だったので、もう一度レッスンを受けてみようと思っ
たわけです。

別にリベンジしようとしたわけではありませんが、自己紹介の動画では、韓国
の生徒に3年ほど教えていたと話していたので、どんな教え方をするのか興味
があったからです。

Wendy2.jpg

    前回自己紹介の写真を載せたので、今回は紹介動画よりキャプチャー
    したものを掲載しました。なかなか愛くるしい印象です。

    やはりビデオ動画でのレッスンは、良いですね!
    音声だけでやるサイトがありますが、相手が並行して内職しているとき
    があるので、やる気がなくなってしまいます。


■レッスン開始
今回接続してレッスンスタートすると、すぐに前回のトラブルでレッスンが中止
になったことを、あやまってきました。

サッと謝れるということは、そういう人間性なのだと感じさせられて、良い印象
です。また今回は前回の12月27日から日が経っていますが、よく相手のこ
とをチェックしています。

「やはりコンピュータートラブルだったのですか?」と聞くと、
 「そうです」との返事。

「今回は大丈夫ですか?」
 「もちろん!大丈夫ですよ」

そして話題は正月のことに。
 「正月はどうしていたのですか?」
 「つまり、何か正月にパーティなどをしましたか」

「30日に両親と家族とでパーティをやりました」とわたし。
「あなたは?」と聞くと、

 「スペシャルメニューで家族一緒にワインを飲みながら食事をしました」
 「そして深夜12時より花火をしました」とのこと。

日本ではイベント会場など以外では、正月には花火はやらない。通常は、夏場で
8月にやることが多いと返事。

そこから、side by sideを使ってのレッスンに入りました。


■side by sideテキストで
ページは115Pで、「Two-Word Verbs: Separable Inseparable」

例としては、

・bring back the TV →  bring it back
・call up Sally     →  call her up
・throw out the newspapers →  throw them out

・Did you remember to turn off the oven ?
        ↓
 Oh, no! I forgot! I'll turn it off right away.

などの例で、それぞれの文法上のルール
・返答する場合代名詞を使うが、その際代名詞は動詞と前置詞の間に置く

つまり、Separableという部分について、詳しく説明をしてくれました。

さすがに3年も教えていたとのことで、文法にはかなり詳しくて、さらっと
説明するところを見て、第一印象の通りずい分慣れているなと感じました。

教え方に慣れを感じたという意味は、安心感があるという意味です。
別に悪い意味で慣れているというものではありません。

しっかり説明をしてくれたあとは、9つの例題を2人でロールプレイトレ
ーニングをしました。2回目は質問者と返答者が入れ替わって。

こちらもテンポ良く返答したためか、話し方が少し速くなってきたような
気がしました。でも教えることに慣れているので、安心して聞くことがで
きる先生だと思いました。


■まとめ
今回のWendy先生は、真面目、礼儀正しい、熱心、教えることに慣れてい
て安心感、(それとカワイイ)・・という印象でした。


わたしの場合は、本文を読み上げたりしたあとに、すぐに関連したテーマ
で質問してくる先生が好きです。とにかく質問されるのが好きですね!

はじめた頃はそうではなかったのですが、いまは「生徒に一杯話させよう」
と考えて、多くの質問をしてくれる先生が好きになりました。

そしてその部分の話に熱が入って拡大し、あっという間に脱線していく
先生が最高に好きです!

脱線してどんどん違う話になっていくのがおもしろい!
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
広告
ブログランキング
ランキングに参加してます。   どうぞよろしくお願いします!
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: