FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

hanasoメソッドとは?聞いたことないけど

少し前からオンライン英会話 hanaso で「hanasoメソッド」が開始
されました。

hanasoメソッド」とは何かというと、3つのステップで話せる英語
をマスターできる hanaso オリジナルの学習方法とのこと。

ここ最近、カランメソッドに興味が湧き調べていたのですが、自分が
やっているオンライン英会話サイトで、聞いたことのないメソッドを
開始と聞いて、さっそく調べてみました。


■hanasoメソッド
英語を身に付けるには習っただけで終わらせないで、自然に言えるまで
何度も反復練習して、頭の中にしっかりと定着させることが大事です。

hanasoメソッドは、
 ・復習の頻度や時期をシステムが管理
 ・苦手なフレーズはより多く復習できて効率よく学習
 ・1ユニットは3~5個程度のフレーズで構成

レッスンでは、
 ・穴埋め問題やロールプレイングなどを通じてフレーズを学ぶ
とのこと。

レッスンで学んだフレーズは、
 ・翌日以降に何度も繰り返し復習問題が出題
 ・フレーズごとに復習時期や頻度が管理される
  (苦手フレーズほど復習頻度が高くなる)
 ・ひとりひとりの習熟度に合わせた復習システム
  (効率よくフレーズを定着させることができる)
というやり方をするようです。

適当なタイミングに何度も自動的に復習させられるということは、
覚えたことをしっかりと定着させるために、とても大事なことだと
思います。

わたしが別でやっている Pimsleur English のやり方に、とても近い
のではないかと感じました。


■復習の流れ
フレーズが定着したら仕上げとして、
 ・ロールプレイの音声教材聞きながら、フレーズを会話の中で使う
  練習をする
 ・5日おきに音声教材を使った復習を行う
   (フレーズの使い方が身につく)
 ・音声教材の復習サイクルもシステムが管理
   (効率よく反復練習が行える)

以上のようなやり方でレッスンを行うことで、
 「知っているレベルから使えるレベルを目指す
とのこと。

ただ学習して「覚える」というだけでなく、何度も復習し、さらに
実戦練習も行うということなので、

確かに「使えるレベルを目指す」という進め方になっていると
思いました。

一度やってみようかと思いサイト内の説明を見てみると、まだ開始
したばかりなので、このメソッドができる講師が少ないとのこと。

少し様子を見て登録講師が増えたところでトライしてみようと
思っています。


以下、hanaso サイトに書かれた「復習の流れ」の説明です。


STEP1.復習問題の出題
 ユニットの学習が終わった時点で、各フレーズの復習レベルが1に
 なり、翌日以降に hanaso ホームページにログインすると復習問題
 が用意されている。そしてレッスン内またはレッスン外で復習。

※復習問題の出題形式は、復習レベルによって2種類
 復習レベル1、2: 穴埋め問題
 復習レベル3以降: 英作文問題


STEP2.復習レベルのアップ
 各フレーズの復習問題に正解すると復習レベルが1つ上がる。
 不正解の場合、復習レベルは変わらず。

 復習レベルによって次回復習する時期が決まっており、
 レベルが上がるほど間隔は長く。

 復習レベルがMaxになるまで復習を実施。


STEP3.ロールプレイ
 1つのユニットで学んだ全てのフレーズの復習レベルがMaxになると、
 ロールプレイが出題されます。ロールプレイは講師とレッスン内で行う。


STEP4.音声教材
 ロールプレイが出題された後は、ロールプレイの音声教材を利用できる
 ようになる。フレーズの復習レベルによって復習問題が出題される間隔
 が異なる。

 例:ステージ0のフレーズが復習レベル2になった場合、
   2日後以降にログインすると復習問題が再度出題されます。

   再度出題された復習問題に正解すると、復習レベルは3になり、
   3日後以降に再度出題。

 ※不正解だった場合は、レベルはそのままとなり2日後以降に再度出題。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL