FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

英語習得への幻想と新しい戦略

英語をものにしようとしたら、膨大な時間で必要です。

いきなり「ペラペラレベル」をイメージしたら、いつまで経っても到達で
きず、モチベーションはあっという間に下がってしまうでしょう。

そして、勉強継続は断念です。
よくあるパターンですね!

英語の世界へ一人で放り込まれ、何とかコミュニケーションしようと必死
に頑張る場合を除き、数ヶ月という短期間での習得は無理と思います。

この場合もネイティブの良きインストラクター(友人など)が横にいて、
いつもリードしてくれる場合です。(もちろんほとんど日本語は使用せず)

世の中には「数ヶ月で英語がペラペラに」と、目先にチラつかせる広告が
氾濫していますが、その幻想に飛びついてもすぐに討ち死にすることは、
目に見えています。

それなら、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、英語の習得には、それなりの「時間/期間」がかかるということ
を認識することが第一です。

その上で勉強していくための戦略を、考えていくということなのです。
具体的に言うと、(わたしの場合の例です)


■心構えについて
長期間かかるのだと認識して勉強を開始するのですから、「継続」が一番
重要であるため、英語の習得を「生涯学習」の位置づけとしました。

そして継続することが最重要となるため、「楽しく学習する」をモットー
として、勉強のやり方を考えました。

(会話を楽しむ=オンライン英会話)
(無理なく勉強=隙間時間に勉強/~しながら学習)
(楽しい経験 =定期的に海外旅行 → 悔しさも経験します)


■勉強方法について
・一気に「ペラペラレベル」を求めないことにしました。
・まずは「片言会話レベル」を目指す。  (これは卒業しました)

・そして次に
 「ショートセンテンスで日常会話レベル」(これも卒業)
 「スラスラ日常会話レベル」      (現在、在籍中です)
 「ペラペラレベル」          (未達です)
 へとステップアップしていく。

◇つまり段階的に取り組み、レベルアップ図る・・という取り組み方です。


■基礎学習
やはり何と言っても「中学英語」の復習でしょう。
 
ただ復習するのではなく、自分で「聞ける/話せる」をイメージして学習
することが大事です。

そのため、わたしは
 1)基本文 (文頭)
 2)フレーズ(動詞+目的語)
 3)補助表現(副詞/場所/時)
の3つを分けて意識し、復習しました。

それにより、これらを組み合わせて素早く文章を作成できるように・・と
考えたためです。

そして次に、
 4)接続詞
を意識して、2つの文章をくっつけて話せるように取り組みました。

このことにより、日常会話程度はスラスラと話せるるようになりました。

実際にオンライン英会話や外国人と話して、自分の努力の結果を試すこと
ができたことが大きいですね。

とても楽しい気持ちになり、勉強のモチベーションもパワーアップしたも
のです!


■最近の学習
ここ1~2年は、
 ・関係代名詞にて補足文章を結びつけ、滑らかに話すこと
 ・使える「フレーズ」「補助表現」を増やす
 ・「決まり文句」のよく使うものをマスター
 ・「あいづち」のバリエーションを増やす

を、楽しみながら取り組んでいます。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL