FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

英語の学習方法について考える

英語を話せるようになるには、いろいろ勉強することや練習することが必要です。

そして話せるようになってからも、さらにレベルアップしていくために継続して
いくことが必要です。

この継続するということが一番むずかしいわけで、それをどうやって行うかが、
いろいろとアイデアの必要なところではないかと思います。

今日はそのやり方のいろいろについて、整理してみたいと思います。
何かヒントが得られたならば、うれしいのですが。


■1:海外の雑誌・書籍を読んでみる
昔は海外雑誌は簡単には手に入れることができませんでした。しかしここ最近は
大きな書店やインターネットでいとも簡単に購入することができるようになりま
した。

また Amazon などでは、安い価格で中古の本も買うことができます。
そして読み終わったら売ることもできるんですよね。

英語の勉強をするには、とても良い環境になったと思います。

ファッションが好きな人はファッション雑誌を、スポーツが好きな人はスポーツ
雑誌など。さまざまなジャンルの雑誌があります。

自分の好きなジャンルの本を読むのは、意外と苦痛ではないものです。
興味が湧いている状態で頑張って読み続けることによって、読むことに慣れてい
くことが期待できます。

また映画や翻訳本の原作を読み比べたりするのも楽しいものですよ。
頑張ってチャレンジしてみませんか!


■2:DVDで映画を繰り返し見る
映画は教科書的な勉強とは違い、「こんな場面でこんな言い方をするんだ」と
実際の英会話を学べる効果的な教材です。

DVDなら字幕を英語にもできるので、どんなフレーズを話しているのかがよく
わかりますので、リスニングの勉強にもなります。

字幕を英語にしたり、日本語にしたり、音声を英語にしたり、吹き替えにしたり、
あるいは、字幕を消してリスニングに集中したりなど、いろいろな楽しみ方があ
ります。

自分に合った勉強のやり方を見つけてみるのも、なかなか楽しいものですよ!


■3:好きな音楽の歌詞を見る
海外アーティストのCD(とくに輸入版)にはライナノーツ(歌詞)がついてい
ないこともありますが、海外には好きなアーティストのお気に入り曲の歌詞を
簡単に調べることができるサイトがあります。

大好きな曲に合わせて歌えば、意外とボキャブラリーやよく使うフレーズが覚え
られます。自分の好きなことを通じて英語を覚えられるというやり方は、何より
も最高のやり方ではないでしょうか。


■4:英会話スクールに通う
絶対に通わなくてはいけないというものではありませんが、時間とお金に余裕の
ある人は、通ってみるのもいいのではないでしょうか。

もちろん、その場合は自宅や学校から近い、通いやすいスクールを選択するのが
良いでしょう。遠方だとつい通うのが面倒になり、止めてしまうことになりかね
ないので。

スクールによってメリットやレッスン料金が違いますから、無料レッスンでたく
さんのスクールを体験してみてから、決めるのが良いでしょう。

またテレビ電話でレッスンできたり、電話やパソコンを利用した英会話レッスン
もあります。(わたしは現在これで楽しく勉強しています)

ラジオやテレビの講座、通信コースで勉強する方法もありますが、みんなでわい
わい楽しく、たくさんの人とふれあいながら学習したい方は、英会話スクールが
おすすめです。


■5:テレビ/ラジオの英会話講座
英会話スクールに通わなくても、テレビやラジオでもレベル別に対応した英会話
講座が公開されています。

本屋さんでテキストを購入するだけでスタートできるので、気楽にはじめられま
すよね。ただ、プライベートの予定など放送される時間帯に在宅できないときに
は録画や録音のセットを忘れずに!


■6:問題集
自分にあったものを選ぶことが大切です。何冊も買わず、1冊を繰り返しとき、
間違った問題を集中してやるほうが気分的にも焦らずに勉強できます。

実際に本屋でぱらぱらめくってみて、自分にとって使いやすいと思うものを購入
するのが良いですね。また日記を英語で書くのも、良い練習になります。

数行でいいので、今日の出来事や、それについて感じたことを英語で書いてみま
しょう。難しく考えず、感じたままに書いてみましょう。さらに覚えたての単語
を使ってみると、忘れなくて良いですよ。

関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL