FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

8月7日hanasoオンラインレッスンは台風

hanaso でオンライン英会話をやるようになってから、こういうことは初めて
でした。

突然、レッスンの少し前に、次のようなメールが事務局より届いたのです。

以下、届いたメール:
-------------------------------------------------------------
8月7日(火)フィリピン・マニラを中心とした大雨の影響により、
レッスンのご提供が困難な講師が出てきております。

場合によっては広域の停電が発生し、レッスンを行えない、
または中断される可能性がございます。

またhanasoホームページ上のレッスン予約状況に
予約レッスンが表示されていても、停電等の理由に
より講師からコールを差し上げられない場合もございます。

レッスンが中断された場合や、講師から連絡がない場合は
振替レッスンをご用意いたしますので下記までご連絡ください。
-------------------------------------------------------------

要するに、フィリピン/マニラは大雨が続いており、大変な状態となっている
ため、レッスンができない講師が出ているとの連絡。

もしも、レッスンができなければ、ご容赦を。
すぐに振り替えレッスンを用意するからというメールでした。


■果たして実際のレッスンは?
そういうわけで、予約した時間の9時半が近づいてくると、どうなるかなと
少し心配しながら待っていました。

時間になると、きっちり講師よりリコールが入りました!

すぐに接続して、現在のマニラの天気状況を確認。
やはり10日間も雨が降り続いていて、たまに止むけどまたすぐに降り始める
という状況のようでした。


■被害の状況
そしてあちこちで洪水が起こっており、そこらじゅうがプールのようになって
いるという状態とのこと。

typhoon l

浸水しているところは、水深が首まである状態。
もちろん交通機関は麻痺している状態でした。

そして歩いて渡ったり、泳いで渡ったりしているとのことでした。

またあちこち急な流れのあるところがあり、流される危険があるためロープを
張って、渡る人はそれをガッチリと掴んで渡っている状態のようです。

手を離せば海に流されてしまうという危険な状態のようでした。

ある人は2階で、また別の人は屋根の上で助けを待っている状態と。
山や丘は何ヶ所も土が緩んで土砂崩れが起きて、大勢の人が死亡したとのこと。

先生の家について聞いてみると、幸い停電も洪水も起こっていないとのこと。
そのエリアは他より少し高い位置になっており、洪水になることはほとんだ無い
ようでした。


■台風は定番の話題
昨年もそうでしたが、この時期になるといつも台風の話が話題になります。
そして、日本では台風は1号、2号、・・と。

アメリカやフィリピンでは、通常台風は女性の名前が与えられ、最初の英文字が
何番目の台風なのかを表すと。つまり「a」が1号で「b」が2号というように。

使う単語も同じで、
 台風 = typhoon、 豪雨 = heavy rain、 上陸する = land、
 洪水 = flood、  避難する=evacuate、 被害 = harm、 etc.

などを使いました。

台風シーズンになると、ほぼ同じ時期にフィリピンにも日本にもやってくるので、
同じ心配ごととしてかなりの確率で話題となります。

みなさんも一度しっかり台風や気象関係の単語を、チェックしておいてみては
いかがでしょうか。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL