FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

久しぶりに楽しいレッスンでした

今日のオンライン英会話レッスンは、久しぶりに楽しい先生とのレッスンで
した。

今までに2回もピンチヒッターだったので、今日ももしかして・・とメールを
チェックし、サポートからの連絡がなかったので、ホッとしたものでした。

時間になるときちんとskypeにコールが入り接続ボタンをクリック。
もちろん双方の映像を映してのレッスンです。

わたしのPCが古くてパフォーマンスが低いからか、それとも通信速度が遅
いためでしょうか、画質はあまり良くなかったです。

そして時々カクカクした動きになりますが、相手の表情や笑顔を見ての会話
は楽しいものです。

grace

■いつも笑顔
ときどきジョークを言うと、大きな口を開けて笑うのが印象的で、とても楽
しい気持にさせられます。

レッスン始まって、
 「久しぶり!」
 「この前のとき、3月は自分の生徒の卒業があるので、とても忙しいと言
  っていたけど、どうですか?」
と聞くと、
 「とにかく今週は忙しいのが続きます」
と。

さらに教えている相手などを聞くと、実は幼稚園の子ども達に対して、いろ
いろな科目を教えているとのこと。プリスクールと言っていましたので。

 「その仕事は自分でやっているの?」
と聞くと、
 「教育のための会社で、パブリック(一般)です」

とのこと。公営の会社ではないようでした。

■コーチする会場
そして学校の方へ生徒が来るのではなくて、先生が生徒の方の家に行って
教えているようです。1対1なのかそれとも1対複数なのかは、聞きそびれて
しまいましたが。

つまり日本でいう家庭教師のようなものなのでしょうね。
一人で20人くらいの生徒を受け持っているとのことでした。

もうすぐその生徒達が卒業するとのことで、子ども達に卒業記念で与える独
自のメダルを作る必要があり、忙しいようでした。

■英語の勉強について
以前、何人かの先生に聞いたことがあるのですが、また今回も聞いてみまし
た。

 「多くのフィリピン人は英語を話せるけど、何歳から勉強するのですか?」
 「3~4歳からですね」

 「誰が教えてくれるの」
 「わたしの場合は母親でした」

 「スラスラ話せるようになるのは、いつ頃からですか?」
 「高校の時からです。わたしの行った高校は100%英語で話すというが
  義務づけられていたので」

とのこと。ここが日本と違うところなのだと感じました。
そして先生が、

 「日本人は何歳から話せるようになるの?」
と聞いてきたので、
 「多くの日本人は文法は知っているし読み書きはできるけど、話すのはほ
  とんどの人ができません」
と返答すると、

 「もしわたしが日本に行くときは、絶対ペンとメモ用紙を持っていくから」
 「それは良い考えだね!」

と言って、二人で大笑いしてしまいました。
 
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL