FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

勉強範囲の選択と集中で効率を加速しよう!

英語を効率よく勉強するためには、対象範囲を絞ること が有効です。

あまりにも範囲が広いと勉強対象が拡散してしまい、どこまでいっても終わらないと
いう状況になりがちです。またあまりにも範囲が広いため、どれだけやっても進んだ
という実感がわきません。

そういう達成度を感じにくい勉強としないためには、自分がまず最初に一番話せるよ
うになりたいジャンルやシチュエーションを定め、そこに絞り集中して勉強していく
のが良いですね。

■ターゲットを定める
ポイントは、まず自分の具体的なターゲットを定めるということです。
そしてそれ以外は当面はやらなくて良いとして、分別してしまいます。

このようにすると、ずいぶんやるべきことが絞られてくるし具体的になるため、すご
く取り組み易くなります。覚えるべき単語も当然、同じように絞られてきます。

■選択と集中
先の記事にも書いたように、要は効率よく勉強を進めるために「選択」と「集中」を
するということです。拡散して広く浅い勉強をするよりは、自分の遭遇する可能性の
高い場面では、会話がかなりスムーズにできるようになる・・という進め方が良い
です。

そして徐々に場面を変えて横展開をしていくわけですね。

■わたしのターゲット
わたしの英語勉強はそのやり方でずっと進めてきていて、具体的なターゲットは
「海外旅行を楽しく」「海外で友人が作れる」「海外の友人と楽しく会話できる」
がわたしの英語の目標となっています。

オンライン英会話レッスンも、その路線の延長上です。

■ボキャブラリも絞る
そのようにターゲットを絞って勉強をするようにしていますので、同じような考え方
で良く使う接続詞や副詞、時/場所を表す表現などでも、良く使うものと使わないも
のを見えるようにと取り組んでいます。前回の記事で書いた通りです。

すぐに覚えるべきものと、あと回しにするものとを分ける。

まだ途中ですが、今後も副詞だけではなく動詞、さらには文型などについても、良く
使うものを確認して絞っていこうと思っています。

確認できた都度、その結果を書いていきますので、参考にしていただけるとうれしい
です。
 
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL