FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

よく使う接続詞と副詞は・・。使う頻度を確認

英語には同じような意味の単語が一杯あります。それを全て覚えて使い分ける
というのは、とてもむずかしく効率が悪いと思っています。

■良く使うものを絞る
それで以前、一度やったように、まずは普段使っている接続詞と副詞の中で、
良く使うものとあまり使わないものとを、5段階に分けて確認をしました。

目的は、良く使うというものをしっかりと覚えるようにして、あまり使わない
というものは当面覚える対象から外そうと思っているからです。

勉強する対象を絞り込み、効率よく覚えるようにしたいということです。

■中高年のせこい知恵?
中高年になると一度覚えてもすぐに忘れてしまいます。
忘れることにかけては天才的ではないかと思います。

そのため覚え続けておくためには、かなりのエネルギーが必要で、必然的に
覚える対象をできるだけ減らしたいです。何度も復習する必要があるので、
対象が少なければそれだけ回数を増やして、記憶に止めておきやすいからです。

少し考え方がせこいですかね?

本当に覚えておくべき対象を絞る・・そしてそれをしっかりと使えるようにす
る。それ以外は今はやらないで、あと回しにする。

これも立派な1つの作戦と思いますが、いかがでしょうか?

■確認した内容
昨日、確認したものは次の通りです。

1と2は以前レアジョブでやっていたとき、その先生2人に確認したものです。
今回のものはhanasoの先生で3番のものです。

A…very often (よく使う)
B…often    (しばしば)
C…sometimes  (ときどき)
D…rarely   (たまに)
E…don't use  (使わない)

1 2 3 1&2=Rarejob tutor 3=hanaso tutor

C C A  However      しかしながら
B D A  Instead of     ~の代わりに
D D D  Incidentally    ちなみに
D D D  In contrast,    その一方で、一転して
B C A  In fact      実は

B B A  In my opinion,   私の意見は
B C A  in particular   特に、とりわけ
D B D  In response,    これに対し
D B B  In spite of    ~にもかかわらず
B B A  In short      端的に言うと

B D E  In terms of    ~という意味では
B C B  In the past,    かつては
B C C  In the long run  長い目で見ると
D C C  in the process of ~の過程で
B B B  In this case    この場合

B A A  Next time     次回は
C A A  Once        一度
B B A  On the other hand 一方
B C B  Other than     ~以外
B B B  Otherwise     さもないと

B A B  particularly    特に、とりわけ
D C D  Roughly speaking  大ざっぱに言うと
A A B  Regarding     ~に関して
B A B  So that      ゆえに
B A B  such as      例えば~、~といった

B A A  So far       これまでに
B A A  So         それで
A C B  Speaking of    ~と言えば
B A A  Since       ~以来
D C C  Sooner or later  遅かれ早かれ

D D D  To my surprise,  驚いたことに
D D D  Thus        このようにして
C C C  Though       ~だけれども
D B B  Therefore     従って
A B A  Thanks to     ~のおかげで

B A A  This time     今回は
A B B  That reminds me,  思い出したんだけど
C B A  To tell the truth 本当のことを言うと
A A A  Usually      普通
B B A  Whenever      ~する時はいつでも

関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL