FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

楽しくて早く英語が上達できるためのヒント

英語を勉強している人は多いでが、楽しく勉強している人は多くないと思います。
また、覚えるべき単語やフレーズが限りなく多いため、あとどれくらいでゴールに
到達できるのか、わからない人がほとんどと思います。

単に「英語ができるようになりたい。英会話がペラペラになりたい!」と考えて取
り組んだ場合、まるで終わりのないマラソン状態となってしまいます。
苦しいのを我慢して走っているのですが、いま自分がどの辺を走っているのかが、
まったくわからないのです。

何が悪いんでしょうね?
どうやればやった分だけ前進を感じながら、楽しくやれるのでしょうね?

■効率よく勉強するためのヒント(1)
それは、「自分のターゲットを具体的に明確に絞ることが必要」です。
わたしの英語勉強の目標は、前にも書いたように
 1)一人で海外旅行が楽しくできる
 2)海外で友人を作れる
 3)海外の友人と楽しく会話ができる
の3つでした。
海外の人と知り合い、コミニュケーションをすることが大好きなのです。
すでに3つとも達成済みです。中高年からの取り組みでしたが、2年ほどで全て
できるようになりました。

■効率よく勉強するためのヒント(2)
英語を短期間で効率よく勉強するためには、対象範囲を絞ることが重要なのです。
自分がまず最初に一番話せるようになりたいジャンル、シチュエーションを定め、
範囲を絞って勉強していくのが良いですね。

そしてそれ以外は当面やらなくて良いとして、分別してしまいます。
このようにすると、ずいぶんやるべきことが絞られてくるため、すごく取り組み易
くなります。覚えるべき単語も当然、同じように絞られます。

■接続詞/副詞/時・場所
ということで、ここのところ先生に接続詞や副詞、時/場所を表す表現について、
良く使うかどうかを聞いています。「あまり使わない単語はどれですか?」と確認
し、使わない単語をしばらく封印しようと思っているからです。

以前、Rarejob でやっているときも2人の先生に確認したことがあり、結果は若干
違っていました。個人差があるということです。そして今回 hanaso の先生にも
確認していますので、まだ途中ですが、参考に書きたいと思います。

A…very often
B…often
C…sometimes
D…rarely
E…don't use

1 2 3  1&2=Rarejob tutor  3=hanaso tutor

C D B  Accordingly     その結果
B C B  According to     ~によると
A B B  Actually       実のところ、実は
C D E  After all      結局
D D C  Anytime soon     近いうちに
B D A  Anyway        とにかく
C C A  As          ~なので
C C B  As a matter of fact 実のところ
C C C  As a result,     その結果、
D C A  At first       初めは
C B A  At last       ついに
C B A  At least       少なくとも
B D A  believe it or not  まさかと思うでしょうが
B C A  Besides       さらには
D D D  By chance      偶然に
A D A  Because of      ~のせいで
A B A  By the way      ところで
D D C  Despite of      ~にもかかわらず
C D B  Even if       たとえ~でも
E D D  Even as       ~にもかかわらず
B B A  Even though     たとえ~でも

B D B  First of all,    まず最初に
C D C  For that       ~なので
C D B  For the first time  初めて
E C D  for the time being  当分、差し当たり
D C C  From my point of view 私の視点から言えば
C D B  Furthermore     その上
B B C  Generally      一般に
B B C  Generally speaking  一般的に言うと


関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL