FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 

英会話レッスンの効果的なやり方へのヒント(その2)

オンライン英会話で今日はすごくためになったな、こういう勉強方法が実力アップに
良いのでは・・と思ったことが2回あり、今日はその2です。

1回目はレアジョブの時にでしたが、2回目はカムオンイングリッシュ体験レッス
の2回目を受けたときでした。担当は Ren 先生で、実力判定テストを受けたとき
でした。

お互い初てのレッスンでしたので、簡単に自己紹介してからレッスンがスタートです。
以下、その時のレポートです。

■Come on English レッスンレポート
=====ここから==========

今回は本当に久しぶりに緊張しました。
というのも、昨夜の体験レッスンでやった内容は、全て生徒の英語能力判定のテスト
だったからです。すぐにリスニング及びスピーキングのテストから始まりました。

A、B、C、Dと4つの場面を変えての質問をしてきて、こちらがその質問文を聞き
取り、返答するというものです。各場面3問程度の質問をしてくるので、合計12問
の質問に対して自分なりに答える訳です。

何とかサラッとここはこなすことができたのですが、苦労したのは次のコーナーでし
た。リーディングテストで、用意された記事を黙読し、さらに声を出して読み上げ、
最後に講師がその内容に対する設問を読み上げ、それに答えるというやり方のテスト
でした。

真剣に聞き取ろうと集中して、内容を理解したらすぐに返答をするということの繰り
返しでしたので、あっと言う間の25分でした。気を抜く暇がありませんでした。
思わずTOEICの試験のことを思い出してしまった25分間でした。

何を話そうかと悩むレッスンより、このようにどんどん質問されてそれにどんどん
返答をしていくようなレッスンの方が、集中できるし新鮮さを感じました。
これが毎日続くとしたら、くたびれてしまいそうですが。

でも終わってから、今回の2回目の体験レッスンはなかなか良かったなと思いました。
レッスンのやり方で大いに参考になりました。

=====ここまで==========

ここに書いてあるように、このような試験形式でのレッスンは一つの理想的なレッス
ンの形だと思います。

■このレッスンで感じたこと
少し緊張しながら集中して聞き、集中を維持しながらその内容を理解し、そして保持
してあとで正しく答える・・という、密度の高いレッスンになると思います。

このような形式でのレッスンを前半に行い、後半は間違った部分の解説や発音の悪か
った部分を矯正してくれるようなやり方が、良いのではないかと思っています。

繰り返しになりますが、前半は試験形式で少し緊張しつつリスニング重点に進め、後
半はリラックスしてスピーキング中心で指導を受ける・・という進め方です。

あるいは、フリートーキングなどのリラックスした形で2~3回行ったら、次は試験
形式で1回行う・・というような進め方もあるかも知れません。

■試験形式レッスンの効果
いずれにしろ試験形式で集中して進めていくレッスンのやり方は、惰性に流されモチ
ベーションダウンとなることを防ぐ、カンフル剤にもなると思います。

やはり時々間違ったり話せなくなったりして、口惜しさを感じることが英語の上達に
は必要なのだと、強く思うこの頃です。
関連記事

スポンサードリンク

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[ 2012/03/01 17:11 ] [ 編集 ]
Re:
株のやり方様
訪問いただきまして、ありがとうございました。
是非またお越し下さい。
[ 2012/03/01 21:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL