FC2ブログ
skypeでフィリピンへオンライン。リーズナブルに英会話に挑戦!                                       初めは話すのが苦しかったですが、続ければ慣れていくものですね。その体験について書いてます。 
カテゴリー  [ レッスンレポート ]

久しぶりに深みにはまったレッスン

先日のオンラインレッスンは「先週末は何をしましたか?」の質問で
スタート。

日曜日にいつもにないことをやったので、よく考えずにそのことを話し
出してしまい、久しぶりに深みにはまってしまいました。

慣れない話題だったため、説明途中でわからない単語が何度も出てきて、
それを「どうやってわかる単語で説明するか・・」のオンパレードとな
ってしまったのでした。

思っていることの70%くらいまでは何とか説明ができて、一応話とし
てはわかってもらうことができたのですが、説明に長い時間がかかった
ので、その日のレッスンは全てその話題でのフリートークとなりました。

久しぶりに説明の関係で苦労して、ボキャブラリの不足を感じさせられ
ました。そして一つだけ決心をしました。

いつも同じ話題ばかりではなく、たまにはジャンルの違う話も少しはで
きるよう、少しずつでも新しい単語を覚えていこうと。

そしてまた、久しぶりに感じたのでした。こういう口惜しい気持ちになる
ことも、ときどきは必要だなぁと。

それが次の学習のモチベーションのアップにつながるので。


■話の内容

何の話かというと、実は「白蟻」の話なのです。
特別大した話ではないのですが、今までの英語人生の中で、一度も話し
たことのない話題でした。

当然、出てくる単語も使ったことがないものばかり。
普段の日常会話では、まず話すことはありません。

「杭」「抜く」「白蟻」「木」「巣」「食べる」「壊れる」「表面」
「処理する」「防護する」「薄膜」「地中」「薬剤」「吹き付ける」
・・・などなど。

頭の中に説明文はサッと出てくるのですが、今までまったく話したこと
がなく、単語が出てきません。詰まりまくりです。

「白蟻が集まって来るので、庭の木の杭を抜きました」と言おうとした
のがことの始まり。

まずは「白蟻」。何と言うんだろう・・と考え、「termite」がわからず
white ant」と言い、これはわかってもらえました。

次に「木の杭」は・・と考えながら、う~・・・
wooden pole」いや「rod」かなと迷い、歯切れの悪いことしきり。

「防蟻工事」「防蟻処理をする」「表面に薄い膜を作る」・・・考える
時間が長いです。サッと出てきません。

ついに「Just a moment, please.」と言って、英辞郎(英和和英変換ソ
フト)の出番となりました。

ちなみに日本では白蟻業者に防蟻工事を依頼するケースが多いのですが、
フィリピンではハードウェア(≒ホームセンター)へ行って、消毒薬剤
を買ってきて、自分でスプレーするとのことでした。

何とか50%くらいはわかった単語を使って説明できたのですが、それ
以外はズバリの単語がわからず、別の単語であれやこれやと、苦し紛れ
の説明を繰り返したのでした。

おかげで、レッスンのあとはずい分と単語を調べてノートに書き移し、
久しぶりに単語学習をしました。


■レッスンレビュー

今回のレッスンへの感想ですが、先に書いたように単語が出てこずスム
ーズな会話ができなくて、すごく口惜しさの残る結果でした。

ですが、一方でこの悔しさが次への飛躍のためのエネルギーになるので、
たまにはこのようなレッスンも必要です。

久しぶりに、単語や表現を調べて覚えようという気になりました。

蛇足ですが、「口惜しかった」で終わらせてしまったら、進歩がありま
せん。それだけは避けなければ・・・。
スポンサーサイト




スポンサードリンク

[ 2014/08/10 14:57 ] レッスンレポート | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
広告
ブログランキング
ランキングに参加してます。   どうぞよろしくお願いします!
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: